スポンサードリンク

宿泊はクルマの中という楽しみ方

cut01.jpg
マイキャンピングカーの子ども用2段ベッド

高速道路のETC割引がきっかけとなって、クルマで1泊以上のロングドライブをして、その途中サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などのスペースに夜間クルマを泊めて宿泊する「車中泊」という宿泊スタイルが注目されるようになりました。


車中泊のメリットはいろいろありますが、何といってもホテルや旅館などの料金がかからない点と、高速道路ならば走れるだけ走って、眠たくなったら近くのサービスエリアに駐めて寝れるという気軽さがいいですよね〜。


ただし、車中泊には注意しなければいけないポイントがいくつかあります。逆に、そのポイントさえ気をつければ、快適なクルマの旅が楽しめますので、是非このサイトをお役立ていただければと思います。


車中泊で気をつけなければいけないポイントの1つは、電源です。

車中泊はクルマを長時間停めたまま、車内で過ごすことが多くなるため、どうしても普通のバッテリーでは持ちません。必ずメインバッテリーとは別に車内の家電用の電源としてポータブルバッテリーなどを積んでおく必要があります。


ちなみに我が家では主にのサイトで、バッテリーをはじめ車中泊用のグッズを揃えています。
 ↓ ↓ ↓

車中泊専門店 オンリースタイル



車中泊に特化したネットショップなので、かゆいところに手が届く感じで便利です。


さて、もうひとつ気をつけないといけないのは、寝床(ねどこ)です。

例えフルフラットシートでも、倒してそのままでは快適な長時間睡眠は期待できません。

そうなるとマットレスやエアマット、クッションなどを敷いて、オリジナルなベッド空間をつくる必要があります。

車の運転では、睡眠が浅いと命取りですから、快適な車中泊の旅をすすめるのにも、ベッド対策は真面目に考えたいものです。



このベッド対策については「必需品やグッズ」のページで詳しくお話しています。


あと、最近のカーナビはワンセグテレビとしても使えるので、いろんな電源に対応したポータブルカーナビもあると便利です。


【送料無料】ポータブルワンセグカーナビゲーション「ナビーゴ 7インチ MD-RS760N」
【送料無料】ポータブルワンセグカーナビゲーション「ナビーゴ 7インチ MD-RS760N」


さあ、楽しい車中泊の旅に向けて、万全の準備を整えましょう!


12月のラッキーさんは、おひつじ座のあなた。 ラッキーアイテムは缶コーヒーです。

大人気の車中泊
家族での楽しみ方
必需品やグッズ
車中泊を格安にする方法
車中泊グッズを購入

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。(サイト管理者)